国内バイナリーオプションが人気が高い理由はなにか

近年、ここ日本においても国内バイナリーオプション取引の人気が
高まってきていることは、皆さんも御存知のことと思います。
ネット上での広告やCMも増えてきているので、目にした方もおられると思います。
国内バイナリーオプション取引が投資家の間で認知されはじめたのは
2009年頃からですが、その後、またたく間に人気が広がり、
当初はIGマーケッツ証券のみであったサービス提供会社も、
GMOクリック証券やFXトレードフィナンシャル等の業者が相次いで参入を行い、
それに伴って参加する投資家も増加しました。
国内バイナリーオプション取引業者の人気の高い理由と一緒に、ひと目で知ることができる国内業者比較情報のページも大変参考になり、バイナリーオプション国内業者を徹底比較することで特長やニーズに合った取引環境を選びやすくなるでしょう。新たな魅力を見つけることができる手助けとして参考にしてみましょう。
国内バイナリーオプション人気

その後、国内バイナリーオプション取引に人気は順調に高くなっていき、
2012年頃には第1次ともいえる国内バイナリーオプションブームが起こり、
投資家の関心と人気が集まり、新しくバイナリーオプション取引を開始する
トレーダーが大幅に増加しました。しかしながら、当時の
国内バイナリーオプション取引に適用されていたルールについて
「賭博性が高く、投資家の射倖心を煽る」として、行政上の指導が入り、
国内バイナリーオプション取引業者は自主規制を行いました。
その結果、取引時間、ペイアウト率、知識テストの実施等について規制が行われ、
結果として、当時人気があった短期間(5分等)の取引は、
国内バイナリーオプション取引業者を介してできなくなってしまいました。
また、取引開始に当たっては、外国為替取引の経験や知識を求められ、
これらが十分にない場合、取引を始めることができないようになりました。
この結果、国内バイナリーオプション取引の人気が低下し、そのタイミングで、
海外バイナリーオプション取引業者が日本人向けのサービスを相次いで開始したため、
それまで国内バイナリーオプション取引業者でトレードを行っていた投資家が
海外バイナリーオプション取引業者に鞍替えするという状況が続きました。

しかし、2013年には国内バイナリーオプションの規制も一段落し、
それまで何度かルール変更を行わざるを得なかった国内バイナリーオプション取引業者も
サービス内容をリニューアルして現在に至ります。
そして、2013年頃にはアベノミクス効果により日本国内でも投資ブームが起こり、
その影響を受けて再び国内バイナリーオプション取引に人気が集まり、
現在では第2次のブームといえる状況となっています。
それまで一旦海外バイナリーオプション取引業者を利用していたトレーダーも、
国内バイナリーオプション取引業者に回帰するという現象も見られました。
というのも、取引ルールの明確化に併せるようにして、税制が整備され、
それまで雑所得として取り扱われていた国内バイナリーオプション取引の利益が、
申告分離課税の対象となり、税制面で有利になったという事実が大きな影響を与えたからです。

国内バイナリーオプション人気の理由は税金面

この税制面の利点は、具体的には国内バイナリーオプション取引業者を利用して
利益を上げた場合、支払うべき税金は一律約20%となったことです。
たとえ1億円の利益を上げても、支払う税金は2,000万円で済みます。
これに対し、海外バイナリーオプション取引業者を利用して
上げた利益については最大で50%の税金が課税されます。

上記のように1億円の利益を上げた場合、支払う税金は5,000万円となり、
国内バイナリーオプション業者との差は、なんと3,000万円にもなってしまうのです。
また、投資資金の安全性の面でも再評価が行われました。