国内バイナリーオプションの信頼性は間違いなく高い

今回特集するのは、国内バイナリーオプション取引業者の信頼性に関する評価です。
結論から述べると、国内バイナリーオプション取引業者の信頼性は、
どの業者を選んだとしても非常に高く、安心して取引を行える環境が整っています。
その信頼性・安心感は海外バイナリーオプション取引業者とは比較にならないほどですので、
本記事においては、国内バイナリーオプション取引業者を利用する場合の信頼性について評価し、
細部についてレポートしたいと思います。
国内バイナリーオプション取引の信頼性の高さに支えられた取引環境を共有する国内業者に興味はあるけど、どんな業者がいるのか、まずはまとめて見ることはできないの?という方は、国内業者の比較情報満載のページ、バイナリーオプション国内業者の徹底比較を読むことで、ますます国内に関して興味を持てるはずです。是非足を運んでみましょう。

国内バイナリーオプション信頼性

本レポートで国内バイナリーオプション取引業者の信頼性を評価する項目としては、
許認可制度、信託保全、法律による投資家保護、サポート体制、
プラットフォームの5項目に区分して説明していきます。

まずはじめに、許認可制度についてです。
全ての国内バイナリーオプション取引業者は、金融庁からの許認可を受けて事業を行っていました。
そして、取引サービスが適正に行われているかについて常に金融庁の監督下あり、
時に行政指導が行われます。この仕組みはもちろん投資家保護のために行われますので、
国内バイナリーオプション取引業者の信頼性は、日本政府が保証しているといっても
過言ではありません。海外バイナリーオプション取引業者でも、EUや、英国、オーストラリア等、
それぞれの企業が属する国の証券金融取引委員会等から正式に許認可を受けている業者があります。
しかし、自国の法律の保護下にあるという以上の信頼性はないので、日本人である限り、
金融庁の許認可を受けている国内バイナリーオプション取引業者を利用することは、
海外バイナリーオプション取引業者を利用する場合とは
比べものにならない程の信頼性があるといえます。

次に、信託保全について見てみましょう。
日本では、国内バイナリーオプション取引サービスを提供するための金融庁の許認可を得る際に、
信託保全が義務化されています。ですので、顧客の資金の安全性・信頼性について
心配する必要はありません。海外バイナリーオプション取引業者の場合では、
信託保全制度を採用していない業者があります。
もちろん、海外バイナリーオプション取引業者であっても信託保全制度を
導入している業者もありますが、細部条件を確認すると実は全額保全ではなく、
ある一定の金額まで、といった条件が付加されている場合もあります。

3項目めについては、法律による投資家保護がもたらす信頼性です。
国内バイナリーオプション取引業者を利用する場合、日本の法律によって完全に保護されます。
仮に利用している業者が倒産し、信託保全制度を採用しているにもかかわらず、
すぐに顧客に資金を返還しない、といったような緊急事態になったとしても、
当然日本国法令に基づき投資家は保護されますので、資金はほぼ確実に手元に帰ってくると
考えることができます。しかし、これが海外バイナリーオプション取引業者だった場合、
日本の投資家はその海外バイナリーオプション取引業者が属する国にとっては他国人です。

上記のような緊急事態に陥った際、他国人の権利まで徹底して
守ってもらえる可能性は低いと考えることが妥当でしょう。
また、緊急事態という観点で地政学リスクを考慮すると、
国内バイナリーオプション取引業者の信頼性は際だっていることに気付きます。

4つめの評価項目は、取引に関するサポートについてです。
サポートの信頼性についても、やはり国内バイナリーオプション取引業者は
海外バイナリーオプション取引業者を凌駕しています。
最近では海外バイナリーオプション取引業者も日本人スタッフを置き、
サポートについて日本語対応をしている業者が増えてきましたが、
やはり日本の証券会社の専属サポートスタッフに、資質面でかなうことはないでしょう。
海外バイナリーオプション取引業者の場合、悪いケースでは、
単に日本語ができる人を雇ってサポートスタッフにしているというケースもあります。
このようなケースでは、十分なサポートを受けることは難しいでしょう。
国内バイナリーオプション取引業者の場合、サポートスタッフや
コールセンターのスタッフに対する教育が徹底されているので、
サポート面で困ることはほとんどありません。

最後の項目は、プラットフォームについてです。
トレードを行う際には、やはり直接取引に関わるツールとなる
プラットフォームの信頼性や操作性が重要になってきます。
その点、国内バイナリーオプション取引業者では、日本人にとって
使いやすいプラットフォーム設計を行っています。
日本人の改善要望を日本の証券会社がフィードバックのために検討し、
日本人が開発する以上、日本人にとって最も使いやすい取引ツールとなることは明らかです。

信頼性を求めるなら国内バイナリーオプション

以上、国内バイナリーオプション取引業者を利用する際の信頼性について、
5項目の観点から評価を行いました。もちろん、海外バイナリーオプション取引業者の中には
国内業者並みに安全面での配慮を行い、信頼性を確保している業者もあります。
ですから、バイナリーオプション取引業者を選ぶにあたっては
国内・海外業者とも検討の余地は十分にあります。
ただし、今回ご紹介したように信頼性について考えれば、国内バイナリーオプション取引業者の
信頼性はほぼ完璧といって良い状態にあります。
ですので、これからバイナリーオプション取引を始めようと考えている方で、
信頼性や安全面を重視される方は、国内バイナリーオプション取引業者の中から
利用する業者を選ぶことをお薦めします。