FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションサービスをご紹介

国内バイナリーオプション取引業者の中でも、老舗
と呼ばれる業者の一つがFXトレードフィナンシャルです。
FXトレードフィナンシャルは、日本でバイナリーオプション取引の人気が出始めた頃から
サービスを展開し、多くの顧客を得ていました。
そのFXトレードフィナンシャルも、一連のバイナリーオプション関連の規制を受けて
サービス内容を大きく刷新したのは記憶に新しいことでしょう。
以前はFXトレードフィナンシャルのバイナリーオプション取引サービスは、
「ハイロウ」および「ハイロウメジャー」という名称で行われていましたが、
リニューアルに伴い、バイナリーオプション取引サービスを
「バイトレ」と「バイトレ1000」に再編しました。
今回は、このFXトレードフィナンシャルのふたつの
バイナリーオプションサービスをご紹介したいと思います。

FXトレードフィナンシャルバイナリーオプション

まず、それぞれの特徴として、「バイトレ」に関しては、オプションの購入価格が
100円~9,900円でペイアウト金額が10,000円固定となっていて、「バイトレ1000」は
オプションの購入価格が10円~990円でペイアウト金額が1,000円固定となっています。
事実上、「バイトレ1000」が最も少資金で始められるバイナリーオプション取引サービスですので、
国内業者を検討している初心者の方にとっては有力候補といえるでしょう。
さらに、「バイトレ1000」は、取引方法がラダーオプションのみに限定されているので、
バイナリーオプションを始めておこなう、という方でも迷うことなく取り組めるので、
実戦で経験を積みたい方には強くおすすめすることができます。
一方、「バイトレ」が提供しているバイナリーオプション取引サービスにおいては、
目標レートより高いか低いかを予測するハイロー型取引である「バイトレラダー」、
ふたつの目標レートの幅の中に収まるか収まらないかを予測するレンジオプション型の
「バイトレレンジ」、目標レートにタッチするかしないかを選ぶワンタッチ型の
「バイトレタッチ」の3種類の取引方法のバリエーションがあるのが特徴です。
そして、流石日本におけるバイナリーオプション取引の老舗がなせる技ともいえるでしょうか、
FXトレードフィナンシャルでの各取引方法は国内他社を寄せ付けない工夫がなされています。
それは、各取引方法の購入要領のオプションとして提供されていて、
「バイトレラダー」(ハイロー型)の取引では、購入方法を3つから選べるようになっており、
「シングル」「トリプル」「オール」に区分されています。
「シングル」は現在値に近いひとつの目標レートを、「トリプル」は
現在値に近い3つの目標レートを同時に、「オール」はその時間に提供されている
すべての目標レートを一挙に購入するという内容であり、
ラダータイプのバイナリーオプションでありながら、目標レートを集中もしくは
分散させる戦略をとることが可能となっています。

次に「バイトレレンジ」(レンジオプション)の取引においては、購入方法が
「ノーマル」「ワイド」「フリー」に区分されているのですが、「ノーマル」は
比較的狭いレンジ幅、「ワイド」は比較的広いレンジ幅が提示されます。
そして、「フリー」の購入方法では、提示されるレンジ幅からだけではなく、
自分でレンジ幅を自由に設定できるようになっているので、
海外バイナリーオプション取引業者が採用している、
オプションビルダーに近い自由度を持っています。
この自由度の高さは、他の国内バイナリーオプション取引業者の追随を許していません。

FXトレードフィナンシャルバイナリーオプション取引サービス

以上がFXトレードフィナンシャルのバイナリーオプション取引サービスである
「バイトレ」と「バイトレ1000」の概要です。
国内バイナリーオプション業者の利点である安心・安全性を持ちながら、
同時に資金量や取引方法に大きな自由度を誇るのがセールスポイントですね。
このため、初心者からベテランまで、多くの方にとって使いやすい
バイナリーオプション取引業者となるのではないでしょうか。
国内バイナリーオプション取引業者の選択に悩んでいる方は、
是非今回の記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

FXトレードフィナンシャル
口座開設無料/最短2営業日
取引金額1枚/約100~9,900円
ペイアウト倍率購入金額の1.01倍~100倍
取引手数料無料
取引可能時間冬時間:月曜日~金曜日のAM8:20 ~ 翌AM6:20
夏時間:月曜日~金曜日のAM7:20 ~ 翌AM5:20
FXトレードフィナンシャル口座開設