GMOクリック証券のバイナリーオプションを攻略しよう

GMOクリック証券は、国内でバイナリーオプション取引ができる数少ない、
そして優良な業者ですが、このGMOクリック証券でのバイナリーオプション取引の
攻略について考察してみましょう。

GMOクリック証券のバイナリーオプションを攻略しよう

もちろん、バイナリーオプション攻略のためには、トレードをする上で必要となる、
対応する市場や銘柄の特性、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を押さえておくことは
前提条件となってきますよね。
今回は、それらではなく、GMOクリック証券を利用する上での
特性を活用した攻略を考えてみましょう。
GMOクリック証券の特性を踏まえて勝率を上げるためには、その取引方法について良く理解し、
その適用と活用をしてバイナリーオプション取引を攻略していくことになります。
まずはラダーオプションですが、GMOクリック証券でのラダーオプション取引では、
判定時間を待たずに利益確定・損切りができるという利点があります。

さらに、取引時間内は自由に新規購入、転売、再購入をすることができます。
例えば、100円で上昇方向のラダーオプションのチケットを購入したとします。
仮に102円がターゲットだとして、購入後、順調に利益が乗ってきた場面を想定します。
この時点で、購入したチケットには含み益が乗っている状態になっていますね。
そしてレートが101.5円になった時、相場の状況が変化し、
下落のサインが点灯したとしましょう。

この時に、途中の利益確定ができないシステムならば、
購入したチケットが損失となってしまうことになりかねない状況であっても、
GMOクリック証券であれば、含み益の時点で利益確定をすることができます。
このようなケースは、市場取引でのレート変動からも常時起こりうる事態なので、
途中での利確・損切りが積極的に行っていくということは、
勝率を上げていくための重要な攻略法となってきます。
次に、レンジインオプションの攻略です。こちらは、ペイアウトがチケット1枚あたり
1000円となっており、チケット購入時のレートの位置によって、
チケットの価格が変わってくるシステムとなっています。

ですので、チケットの価格が安い時、
つまりレンジの上限か下限にレートが近い状態で購入すればするほど有利になります。
4時間足・日足などの中長期チャートでレンジ状態を確認し、
1時間足・15分足などでその上限と下限を見極めましょう。
こうすることで、レートをレンジの下限・上限に引き寄せてからトレードすることで、
ペイアウト率を上げることができます。また、レンジインオプションも、
途中での利確・損切りが可能ですので、レンジからトレンドへ移行したと判断した瞬間に
利確や損切りを行いましょう。
最後にレンジアウトオプションの攻略です。これは、重要指標発表や各国金利の発表など、
レートが大きく動くと予想される場合に限定して取引していきましょう。
ただし、重要指標だからといって、全てをトレードしていては勝率は下がってしまうでしょう。

GMOクリック証券でレートが動くタイミングが攻略ポイント

レートが次に大きく動く可能性が高まっている時、
かつ、重要指標発表が重なった時に取引を行うのです。
では、「レートが大きく動く可能性が高い状態」とはどのような状態でしょうか?
それは、レンジが長く続いた場合です。一般に、レンジが長く続けば続くほど、
次のトレンド転換では大きなレート変動があると言われています。
この市場の特徴をうまく逆手にとることで、レンジアウトオプションを攻略していきましょう。
まとめますと、どっちに動くかわかりやすいトレンド相場の場合はラダーオプションを使用して、
状況に応じ利確・損切りをする。レンジ相場(ボックス相場)ではレンジの上限と下限を見極め、
レンジインオプションを取引し、トレンド転換したと判断したらすぐに損切りを実行する。
レンジが続いた後の急な相場変動時にはレンジアウトオプションを狙っていく。
これらのことを実践していくと、勝率が上がり、ひいてはバイナリーオプション取引を
攻略できる可能性が高まってきます。
もちろん、これらは簡単には達成することができません。上記の攻略を行うためには、
最低限の知識や、レンジとトレンド状態の認識ができることが前提となっています。
これらについても、今後ご紹介できればと思っています。
今回は、GMOクリック証券でのバイナリーオプション取引攻略について
レポートさせていただきました。

GMOクリック証券
口座開設無料/最短2営業日
取引金額1枚/約50~50,000円
ペイアウト倍率購入金額の1~約20倍
取引手数料無料
取引可能時間月曜日~金曜日の午前8:00~翌午前5:00
GMOクリック証券口座開設