GMOクリック証券のレンジインの取引方法

国内バイナリーオプション取引業者の中でも人気が高い、GMOクリック証券の外為オプションには、
「ラダーオプション」「レンジインオプション」「レンジアウトオプション」の
3つの取引方法が用意されています。
今回は、レンジインオプションについて詳しく見ていきましょう。

GMOクリック証券のレンジインの取引方法

GMOクリック証券で利用できるレンジインオプションとは、
選択した権利行使価格を基準に、為替レートが一定時間後に権利行使価格帯に納まる
(レンジの範囲内である)ことを予測する取引です。
一定の範囲内で動くことを予測する点では、レンジ相場と相性が良いと言われています。
このため、レンジインオプションは、レートの動きが穏やかな時に
勝率が上がる取引方法であるため、アジア時間早朝などの
ボラティリティがない時間帯に狙っていくと良いでしょう。

具体的な例を挙げてみると、例えば100.00~100.05の価格帯が権利行使価格の場合、
満期を迎えた時に、この価格帯にレートが収まっていれば利益になるのです。
GMOクリック証券では、レンジの価格帯が複数ありますので、満期を迎える時間までに、
さらにレートが上昇すると予測すれば100.05~100.10や100.10~100.20を選択する、
という様にレンジインのトレードを行います。
これらの価格帯はGMOクリック証券がその時々のレートに応じ、価格帯を設定していますので、
選択するのはそれらの中から、という形になります。

GMOクリック証券のレンジインでひと勝負楽しもう

この際、選択する価格帯によって、購入価格(実質のペイアウト倍率)が変わってきますので、
現在のレートから離れた価格帯を選択するほど、ペイアウト倍率が高くなり
(=購入価格が下がる)ますが、その価格帯に収まる可能性は低いということになるのです。
このことを考慮しても、やはりレンジインオプションは、
レートの動きが小さいと思われる際に有効なトレードとなります。
ですので、レートの動きが大きくなり易い五十日、重要指標発表時、
ロンドンフィキシング等にまたがるポジションのエントリーは避けた方が良いでしょう。
これらに注意するだけでもレンジインオプションの勝率を少しでも上げることができます。
GMOクリック証券ならではのレンジインオプションの取引は、チャンスは少ないながらも
堅実に利益を積み重ねられる取引方法ですので、着実な取引を求める方には、お勧めの取引方法です。

GMOクリック証券
口座開設無料/最短2営業日
取引金額1枚/約50~50,000円
ペイアウト倍率購入金額の1~約20倍
取引手数料無料
取引可能時間月曜日~金曜日の午前8:00~翌午前5:00
GMOクリック証券口座開設