国内バイナリーオプションの安全面は最高度

今回レポートしていくのは、国内バイナリーオプション取引業者の安全面に関してです。
もちろん、対比の対象となるのは海外バイナリーオプション取引業者ですが、結論からいえば、
国内バイナリーオプションの安全面での優位性は揺るがず、完全にこちらに軍配が上がる状況です。
おそらく、国内バイナリーオプションの安全面についてを、今現在考えられている方は、
これからバイナリーオプション取引を始めるにあたり国内バイナリーオプション取引業者にするか、
それとも海外バイナリーオプション取引業者にするか、どうしようか、と悩んでいる方だと思います。
このため今回のレポートでは、そのような方の参考となるように国内バイナリーオプション取引業者の
最大のメリットである、安全面での充実度についてご説明しましょう。

国内バイナリーオプション安全性

国内バイナリーオプション取引業者は安全面に関して、4つの側面で
海外バイナリーオプション取引業者を完全に凌駕しています。
その4つの側面とは、ライセンス(許認可)、信託保全制度、法による保護、税金問題、になります。

まず各業者のライセンスについてですが、国内ではもちろん金融庁からの許認可を受けた業者しか
サービス提供ができず、常に運営状況について監督され、時に行政指導が行われます。
これらのコントロールはもちろんトレーダーの保護のために行われます。
ですのでライセンスに関する国内バイナリーオプションの安全面は最高度にあるといって良いでしょう。
海外バイナリーオプション取引業者の場合は、EU、英国、オーストラリア等、それぞれの国の
証券金融取引委員会等からライセンスを受けている業者があります。
概ね、上記の3国に加え、ニュージーランドのライセンスを持っている業者の
安全性はそこそこに高いといわれています。
これら以外の小国のライセンスであったり、そもそもどの政府からもライセンスを受けていない、
という業者までが存在するのが海外業者の実態です。

次に、信託保全制度についてです。日本では国内バイナリーオプション取引サービスを提供するためには
信託保全が義務化されているので、顧客の資金の安全性について心配する必要はありません。
海外バイナリーオプション取引業者の場合そもそも信託保全制度を採用していない業者が多数あります。
これでは、その業者が倒産した時点で、如何にトレードで億という金額を稼いでいたとしても、
後に残るのは税金の負担だけ、ということになります。
もちろん、海外バイナリーオプション取引業者の中には信託保全制度を導入している業者もありますが、
細部を見ていると実は全額ではなく、ある一定の金額まで、
などと条件が付されているところもあるのが現実です。

3つめは法律による保護による安全面についてです。国内バイナリーオプション取引業者の場合、
仮にどこかのバイナリーオプション取引業者が倒産し、信託保全制度を採用していたが、
すぐに顧客に資金を返還しないような状況に陥った際は当然日本国法令に基づき投資家は保護されます。
資金はほぼ確実に手元に帰ってくると考えて良いでしょう。
これが海外バイナリーオプション取引業者だった場合はどうでしょうか。
先ほどのような状況が生起した際、我々はその海外バイナリーオプション取引業者が属する国にとっては
外国人になります。一般的に考えて、困難な状況に陥った際、外国人の権利まで
徹底して守ってもらえるかと問われれば、自信を持って大丈夫だとはいえない、
というのが現状なのではないでしょうか。

国内バイナリーオプションでの安全面の高さをまとめた

最後に税金関連の安全面についてです。国内バイナリーオプション取引業者を利用して利益を上げた場合
その利益額の20%を国に納める必要があります。
しかし、海外バイナリーオプション取引業者を利用して上げた利益は雑所得となるため、
所得税として計算され、最大で50%もの税額が賦課されます。
もしもきちんと支払っていなければ追徴課税、最悪財産の差し押さえが待っています。
そして、税金をきちんと納めるために必要な書類も、国内バイナリーオプション取引業者は
決まった書式のものを準備してくれていて、年間の利益を簡単に把握することができます。
対して、海外バイナリーオプション取引業者の場合、利益額を計算しようとした時に、
資料が取引履歴だけしか提供されなかったり、外貨建てとなっていて計算が非常に困難となり、
きちんとした税額が算出できない、最悪そういった事態も起こりえるのです。

以上、国内バイナリーオプション取引業者を利用することによる安全面のメリットをご説明しました。
もちろん、海外バイナリーオプション取引業者の中には国内業者並みの安全性を
確保している業者もありますし、安全面以外に大きなメリットがある場合もあります。
ですので、総合的に考えると国内・海外とも検討の価値があります。
ただし、今回ご紹介したように、安全面に関してのみいえば、国内バイナリーオプション取引業者の
安全面はほぼ完璧であり、海外バイナリーオプション取引業者を大きく引き離しているのが
現状となっています。これらが今回のレポートの主旨ですが特に国内バイナリーオプション取引業者で
口座開設をしようと考えている方にとって、本レポートが後押しになることができれば幸いです。