国内バイナリーオプション業者のメリットとは

これからバイナリーオプション取引を始めようとする方が、最初に悩むのは、ほぼ間違いなく、
国内バイナリーオプション業者を選ぶか、
海外バイナリーオプション取引業者のどちらにするか、ということでしょう。
もしこのことが的中していて、心中ひそかに驚いたというあなた、
是非本記事を参考にしていただきたいと思います。
今回ご紹介するのは、そのどちらかの選択肢を選ぶかを考える上で重要な材料となる、
国内バイナリーオプション業者を選ぶメリットについてです。
結論から申し上げますと、国内バイナリーオプション業者を選ぶメリットは5つあります。
それではひとつずつ順にご説明していきますね。

国内バイナリーオプション業者メリット

まず最初に挙げられるのは、少資金で取引を始めることが可能なことです。
2013年の国内バイナリーオプション業者の規制以降、
1ロット(取引単位)あたりのペイアウト(払い戻し)が固定され、
オプションの購入価格が相場の状況によって上下する形態になりました。
たとえば、GMOクリック証券などでは、1ロットのペイアウトが1,000円で固定されていて、
オプション(チケットともいわれます。)の購入価格が最低で50円ほどから
900円位まで変動するようになっています。
ですので、50円あればトレードができる、これが初心者にとっては大きなメリットとなります。
ちなみに、上記の例で見事ペイアウトをとることができた場合は、
50円の購入金額が1,000円になりますので、
投資資金が20倍になったことになります。
もちろん、このようなケースはまれですが、
実際にこのようなトレードチャンスもいつかは巡ってくるのが
投資の世界のおもしろいところですね。

メリットの2点目は、サポートが充実していること。
この充実度合いは、海外バイナリーオプション取引業者は比肩できるものではありません。
近年、海外バイナリーオプション取引業者も日本人スタッフを置き、
日本語対応をしている業者が増えていますが、
その、日本人スタッフの質というものは、
やはり日本の証券会社の専属サポートスタッフにかなうことはできません。
海外バイナリーオプション取引業者の場合、悪ければ、
ただ英語と日本語ができる人を安い賃金で雇って
サポートスタッフにしている、というケースもあります。
このような状況では、安心してトレードに集中することは難しいですよね。
3つめのメリットは、日本人にとって使いやすいプラットフォームやアプリが使えることです。
これも、日本人の改善要望を日本の証券会社が検討し、日本人が企画・開発することにより、
日本人にとって使いやすい取引ツールとなることは自明ですね。
もちろん、日本の業者でも海外製のプラットフォームを日本語化して利用している業者もありますが、
サービスに力を入れている国内バイナリーオプション業者は、たいてい独自の使いやすい
プラットフォームやアプリの開発に経営資源を投入しています。

国内バイナリーオプション4つ目移行のメリットに注目

4点目は、投資資金の安全性です。
日本の国内バイナリーオプション業者は、金融庁の監督下にあり、
顧客の資金の信託保全が義務化されています。
ですので、国内バイナリーオプション業者が破綻してもほぼ間違いなく
資金は安全に引き出すことが可能な仕組みとなっています。
そして、平常時においても、資金の流用等が行われていないか等について、
外部の公認会計士が担当する
信託管理人から信託状況が常に監視されています。
反面、海外バイナリーオプション取引業者は、そもそも日本の金融庁の監督下にはなく、
信託保全制度を適用している業者も少ないです。
一応分別管理という管理方法をとっている業者はありますが、
信託保全や分別管理をうたっていたとしても、
日本の制度と細部が異なっていたりしますし、不測の事態の際には日本の法令が適用されないため、
うやむやにされてしまう可能性もあります。
このように、資金の安全性を考慮するなら、やはり国内バイナリーオプション業者に軍配が上がります。

最後の5つめのメリットは、税金です。
国内バイナリーオプション取引業者を利用して利益を上げた場合、
支払うべき税金は一律20%となっています。
たとえ1億円の利益を上げても、支払う税金は2,000万円です。
これは、税制によって定められているからなのですが、
海外バイナリーオプション取引業者を利用して
上げた利益についてはこの税制の適用外となり、最大で50%の税金が課税されます。
上記のように1億円の利益を上げた場合、支払う税金は5,000万円となり、
国内バイナリーオプション業者との差は、
なんと3,000万円にもなってしますのです。

以上が国内バイナリーオプション業者を選んだ場合のメリットになります。
もちろん、国内バイナリーオプション業者にもデメリットもありますし、
逆に海外バイナリーオプション取引業者の大きなメリットもあります。
しかし今回はここまでにとどめておきましょう。
国内バイナリーオプション業者にするか海外バイナリーオプション取引業者にするべきか、
双方のメリットをしっかり押さえて検討していただきたいと思います。