日本国内のバイナリーオプションの安全性

ここ数年で日本国内でもバイナリーオプション取引も人気が広がり、
市場でのコンセンサスや認知度、そして安全性も高まってきていますが、
それに従って、業者選びに困っている、という方が増えているようです。

日本国内のバイナリーオプションの安全性

バイナリーオプション取引業者は日本国内・海外ともに多くあり、それだけ選択肢も存在するのですが、
どの業者を選ぶかという際には、まず、日本の国内業者を選ぶか、
それとも海外業者を選ぶか、ということを決めなければなりません。
一般的には、日本国内のバイナリーオプション取引業者は安全性から、
海外バイナリーオプション取引業者は積極的な利益追求の観点からそれぞれ選ばれているようです。
ただ、もともと日本人は安全志向があるため、国内バイナリーオプション取引業者の人気は根強いものとなっています。
日本国内のバイナリーオプション取引を語る上で欠かすことができないのは、2011年以降の取引の規制についてでしょう。
2009年頃から日本国内でもバイナリーオプション取引が行われるようになりましたが、初心者が一斉に詰め寄った結果、
日本国内の金融庁はバイナリーオプション取引が賭博性が高いとして国内業者に対して規制を促すようになりました。
それを受けて2011年には国内業者が自主規制のガイドラインをまとめ、
取引時間や1日の取引回数などを規制するようになりました。

その後、正式に法案でも国内業者は2時間に1回の取引と定められ、
1日の取引回数が100回以上可能だったものから、最大12回までに制限されたのです。
その他にも、口座を開設するためには、「知識確認テスト」が行われ、
初心者が無闇に資金を投入することがないように予防策が講じられています。
ただし、これら一連の規制は制限ばかりではなく、日本国内の顧客のトレード環境の向上に寄与したものもありました。

国内バイナリーオプションは安全性を高める為に規制された

規制前にはあった、業者の総取り(レンジ外と呼ばれていました。)を禁止したことや、
それとは別に取引時間内でのオプションの権利放棄・転売を可能にしたこと等が該当します。
以上のことから、日本国内のバイナリーオプション取引業者は金融庁の監督下が適正な運営が求められるため、
安全性や信頼性が高まっているといえるでしょう。例えば、資金管理についても、
日本国内でバイナリーオプション取引業を運営するためには、信託保全が義務付けられていますが、
これは海外業者は該当しないため、最悪の場合、取引以外で口座の資金を失うこともあります。
このように、日本国内でのバイナリーオプション取引を巡る環境も変化していますが、
投資方法に対する賭博性の高さや、リスク面の把握等についても十分顧客に配慮された内容となってきました。
これらのことからも、日本国内でのバイナリーオプション取引は、安全面や信頼性の観点から見直され、
取引口座の開設数が再び増加しつつあるようです。