日本国内のバイナリーオプションの説明

初心者でも安心して取引を始められるということで、
日本国内でもバイナリーオプション取引が盛んになってきましたね。
特にここ数年で個人投資家の間でも人気が高まり、
当初はごくわずかだった取引業者も、最近では増加傾向にあります。
ただ、2011年に日本国内でのバイナリーオプション取引に規制がかかった以降は、
海外バイナリーオプション取引業者を利用する方が増えていました。
それが、現在は日本国内でもアベノミクス効果にあやかって、投資ブームが起きつつあり、
それに合わせるかのように、国内バイナリーオプション取引の内容や環境が充実してきたため、
再び日本のバイナリーオプション取引業者への注目が集まってきています。

日本国内のバイナリーオプションの説明

では、海外バイナリーオプション取引業者と比較して、
日本国内のバイナリーオプション取引業者を利用する点の優位性はどこにあるでしょうか?
それは、大きく分けて3点あります。
ひとつには、プラットフォーム(取引システム)が使いやすいことが挙げられます。
プラットフォームは取引を行う際に常に使用するものですが、やはり開発を日本人がしていることで、
日本人にとって直感的に操作がしやすいようにできています。
また、海外バイナリーオプション取引業者のプラットフォームを使用した場合、
用語の翻訳が少しおかしくなっている場合もあり、そのことに違和感を感じる方もいるようです。
時には短時間での判断をせまられるトレードにおいては、
プラットフォームが使いやすい、ということは非常に重要です。

ふたつめには、少ない資金から始めることができる、という点です。
海外バイナリーオプションでは大体1,000円ぐらいからになりますが、
国内では最低取引額が50円程度から始めることもできます。
さらに、海外バイナリーオプション取引業者には、
必ずと言っていいほど最低入金額が設定されており、
最低でも数万円を入金しなければ取引が始められません。
しかし、日本国内のバイナリーオプション取引業者においては、
最低入金額を設定している業者がほとんどありませんので、
このことからも数千円、極端な場合は数百円という資金でもトレードを始めることができます。
この、少額で投資ができる、という点は、投資初心者にとってとても大きな利点ですね。

日本のバイナリーオプションに関するまとめ

最後に、資金の安全性・業者の信頼性や安心感です。
やはりこれが大きなウェートを占めていて、例えば信託保全制度や、
入出金時の資金の管理などにおいても不安要素がない、
ということは業者を選ぶ上で非常に重要な事項であるといえるでしょう。
さらに、国内では金融庁が各業者を監督・規制していますので、国や公的機関がバックアップしている、
ということからも日本国内のバイナリーオプション取引業者を選ぶ方が多いようです。
以上のように、今回は日本国内のバイナリーオプション取引業者と
海外バイナリーオプション取引業者を比較してみました。
アグレッシブな取引を行うなら海外業者、安全や信頼性を重視して、
安定した取引を望むなら日本の国内業者、という風に今後も棲み分けが進んでいくことと思われます。