国内バイナリーオプション資金面でのメリットがたくさん

当サイトをご覧になっている方は、バイナリーオプション取引を行うにあたって、
国内バイナリーオプション取引業者を選ぶか、それとも海外バイナリーオプション取引業者で
口座開設を行うかについて悩んでいる方が多いのではないでしょうか。
もちろんこれは皆さんそれぞれのトレードスタイルや、投資での目的、資金面の状況等によって、
ベストな選択は人それぞれとなりますので、誰にとっても一番良い業者、
というものはなかなか存在しません。ですが、様々な情報を元に比較検討することにより、
あなたにとって最も相性の良いバイナリーオプション取引業者を
選ぶことができる可能性が高まりますので本ブログの使命としては、
できるだけ多くの視点や角度から情報を提供していきたいと考えています。

国内バイナリーオプション資金面

さて、今回は、それらの条件のうちのひとつ、国内バイナリーオプション取引業者を
利用することに関する資金面についてを話題として、情報をお届けしたいと思います。
国内バイナリーオプション取引業者を選ぶ際、資金面においても利点と欠点が存在します。
まず、欠点からご説明しましょう。
はっきり言って、資金面に関して言えば、海外バイナリーオプション取引業者よりも
国内バイナリーオプション取引業者の安全面や信頼性の点で勝っています。
しかし、海外バイナリーオプション取引業者に負けてしまう部分もあるので、それが欠点といえます。
その欠点とは、クレジットカード入金ができないこと、およびネッテラーなどの
電子決済サービスでの資金管理ができないことです。
海外業者の場合は、ほとんどの場合クレジットカード入金に対応しています、
クレジットカード入金のメリットは、ひとつには今現在手元に資金面での余裕が無い
という状態でも取引を開始できる、という点にあります。
クレジットカード入金の場合は、カードのショッピング枠を使って入金という形になるので、
大体30~50万円ほどは資金を準備できることになります。
最初にこの資金を使って数万円の利益を出し、その時点で利益以外を出金してカード会社に返済し、
後はその利益分を用いて少しずつ資金を増やしていく、という資金面での
攻略方法のひとつを使うことができます。v 国内バイナリーオプション取引業者の場合、資金面においてクレジットカード入金は一切できないので
このような方法は使えません。もちろんクレジットカードを持っている方なら、
キャッシングを受ける、という方法もありますが、利息が高くついてしまうため、
資金面から見てあまりおすすめできる方法ではありません。

国内バイナリーは資金面でのメリット性は高い

次に、ネッテラー等の電子決済サービスが使えない点ですが、これは例えば、複数の業者を利用して、
資金の入出金をしながら取引をしていく、という方にとって、不利点となります。
また、電子決済サービスは、オンラインカジノでの入金方法としても使えるため、
バイナリーオプション取引とオンラインカジノの並行的に行っている、という方も、
国内バイナリーオプション取引業者を選んだ時点で資金面での
利便性や効率性が低下してしまうことになります。

以上の二つが、国内バイナリーオプション取引業者を選ぶ上での資金面でのデメリットになります。
後の部分では、海外バイナリーオプション取引業者と比較して、メリットしかありません。
まずは、資金面での安全性の高さです。
国内バイナリーオプション業者は、全て金融庁の監督下にあり、
顧客の資金についての信託保全が義務化されています。
ですから、国内バイナリーオプション業者が破綻してもほぼ間違いなく資金は
安全に引き出すことが可能な仕組みとなっています。
もちろん、平常時においても、資金の流用等が行われていないかについて、外部の会計士が担当する
信託管理人から信託状況が常時監視されています。
反面、海外バイナリーオプション取引業者の場合は、もちろんですが日本の金融庁の監督下にはなく、
信託保全制度を適用している業者も数はあまりありません。
一応分別管理という管理方法をとっている業者はそこそこありますが、
信託保全や分別管理を行っていたとしても、日本の制度と細かい部分で違っていたりしますし、
緊急時には日本の法令が適用されないので、資金面でうやむやにされてしまう危険性もあります。
このように、資金面の安全性を考慮すると、やはり国内バイナリーオプション業者が圧倒的に有利です。

次に、利益が多くでた場合の税金に伴う資金面のメリットがあります。
国内バイナリーオプション取引業者を利用して利益を上げた場合、
支払うべき税金は一律20%と定められています。
たとえ1億円の利益を上げたとしても、支払うべき税額は2,000万円で済みます。
ひるがえって、海外バイナリーオプション取引業者を利用した場合、
利益についてはこの税制の適用外となり、雑所得として計算されるため、
最大で50%の税金が課税されてしまいます。
1億円の利益を上げた場合、支払う税金はなんと5,000万円となり、半分にもなってしまいます。
この場合の国内バイナリーオプション業者との差は、なんと3,000万円にもなってしまいます。
資金面から見て、この差は無視できないですよね。

最後に、少ない資金でオプションを購入することができる、という点です。
投資額が少なくて済むことは、特に初心者にとって資金面で有利になります。
日本では、2013年のバイナリーオプション取引に関する規制実施以降、1ロット(取引単位)あたりの
ペイアウト(払い戻し)が固定され、オプションの購入価格が相場の状況によって
上下する形となりました。たとえば、FXトレードフィナンシャルのバイトレ1000では、
1ロットのペイアウトが1,000円で固定されていて、オプション(チケットともいわれます。)の
購入価格が最低で数十円からとなっています。
ですので、50円程もあればリアルトレードができてしまうのです。
これは初心者にとって資金面で大きなメリットとなります。
というのも、初心者は如何に経験を積んでトレードの実力をつけるかが最も重要なので、
最初は少ない資金で取引回数を多くこなした方が良いのです。

以上が、国内バイナリーオプション取引業者を選ぶ場合の資金面でのメリットです。
総合的に見れば、資金面ではやはり国内バイナリーオプション取引業者を選んだ方が利点は多いです。
資金面以外を見れば海外バイナリーオプション取引業者にも分がでてきます。
ただ、投資において資金面の管理ほど重要なものはないともいわれますので、
この点も勘案して、今回の情報を有効に活用していただけたらと思います。