初心者が国内バイナリーオプションを選ぶメリットとは

近年世界中で人気が高まりつつある投資方法であるバイナリーオプション取引ですが、
もちろんここ日本でも、国内バイナリーオプション取引に参加する人が続出しています。
その際に、初心者の方にとっては、どの業者を通じてバイナリーオプション取引口座を開くのかが
重要な選択であり、かつ悩みでもあることでしょう。
まず大きな選択肢として、海外バイナリーオプション取引業者を使うか、それとも
国内バイナリーオプション取引業者を利用するか、という判断を迫られます。
そして、このどちらを選ぶかによって、条件が大きく異なりますので、この判断を誤ってしまえば、
バイナリーオプション取引自体の失敗=資金を失う、ということにもなりかねません。
このようなことがないように、本レポートでは、初心者の方のためにどちらを選んだ方が良いかを
ご説明したいと思います。結論から言うと、国内バイナリーオプション取引業者から選ぶことの方が、
初心者の方にとってはメリットが多く何よりも安全。その理由を3つに分けて詳しく見ていきましょう。

国内バイナリーオプション初心者

まず一番目の理由として、高度な安全性と信頼性、を挙げます。
国内バイナリーオプション業者は、バイナリーオプション取引サービスを提供するにあり、
金融庁の監督下に置かれ、必ず許認可を得なければなりません。
そして、その認可を得るための条件として、顧客の資金の信託保全が義務化されています。
つまり、国内バイナリーオプション業者が破綻したとしても資金は安全に引き出すことが可能なのです。
また、資金の安全な管理のための仕組みとして、業者側が資金の流用等を行っていないかについて、
外部の公認会計士が担当する信託管理人が信託状況を常に監視しています。
その点、海外バイナリーオプション取引業者は、そもそも日本の金融庁の監督下にはなく、
信託保全制度を適用している業者も少ないです。
また、分別管理という管理方法をとっている業者もありますが、例えその業者が信託保全や
分別管理を採用していたとしても、果たして日本の顧客が法的に守られるかどうかの保障がありません。

例えば、海外バイナリーオプション取引業者が存在する国の顧客には資金が返還され、
その国の法律が及ばない日本の顧客には返金がなされない、というケースもあり得ます。
そして、残念ながら、日本の法律には、そのような事態において
日本人トレーダーの資金を守る制度がありません。
最悪、両方の国から結果として見捨てられてしまう、ということになってしまうかも知れないのです。
特に、初心者の方は、海外バイナリーオプション取引業者の選定は難しく、
さらにその会社の資金管理の仕組みや、どの国に存在して、
どの国のライセンスを取っているかを確認することは敷居が高いですよね。

例えばEUや英国の金融ライセンスを取得している業者は安全性が高い、といわれても、
それがどの業者かを特定して口座開設ができるようになるのは、バイナリーオプションについて
かなりの知識が蓄えられた後のことになります。何より、投資とはお金を増やすために行うものです。
一番最初の選択から、資金を失う可能性がより高い選択肢を選んでしまうことは、
投資という行動全般の失敗に結びつきかねない、ということはご理解いただけると思います。
ですので、初心者の方は、国内バイナリーオプション取引業者を選んだ方が安全なのです。

国内バイナリーオプションを選ぶ二つ目の理由

ふたつめの理由は、サポート体制の問題です。
最近では、海外バイナリーオプション取引業者でも、日本語サポート対応、日本人スタッフの配置など
日本人のためのサポート体制を充実させてきています。
しかし、特に初心者にとっては、これらの海外の日本語でのサポートと、
国内バイナリーオプション取引業者が提供する日本語のサポートでは、後者の方がより分かりやすく、
専門的で親密な対応を受けることができます。
それは何故かと言うと、やはりサポートに関する組織・システム・人材の充実度合いが違うからです。
海外バイナリーオプション取引業者がサポートのために、日本人スタッフを雇用していたとしても、
果たしてそのスタッフにどこまで専門的知識があるのかは分かりません。
最悪、語学だけができて、投資の知識もなく、サポートとしての
ビジネスマナーもわきまえていない、という可能性もあります。
また、実際にそのようなサポートにあたった、という情報がネットで流れていることも事実です。
その点、国内バイナリーオプション取引業者の場合は、どの業者であっても、
証券会社の専属サポートスタッフが対応を行いますので、そのような環境の方が、
安心してトレードに集中することはできますよね。

最後の理由は、取引ツール(プラットフォーム)やiPhone・アンドロイドスマホ用のアプリなど、
直接トレードに関わるシステムが、日本人にとって使いやすいものになっている、ということです。
もちろん表示も全て日本語ですし、日本人の開発スタッフが日本人のために企画・開発するのですから、
日本人にとってより使いやすくなるのは当然ですよね。
反面、海外バイナリーオプション取引業者の場合取引ツールを企画するのは外国人、
開発するのも外国人、そして、サービス提供の対象は複数国、となるため、
特別に日本人に合った仕様にするわけではありません。
あくまで日本語化は行っている、という対応になります。
その日本語化についても、海外バイナリーオプション取引業者の中には、
まともな翻訳ができていないケースもあります。
バイナリーオプション取引に慣れたベテランのトレーダーなら、バイナリーオプションの
仕組みを理解できているので、少々誤訳があっても問題なく取引できるでしょうが、
オプション取引の細部の仕組みを知らない初心者の場合、
少しの誤解で大きなトレードの失敗に結びつく可能性があります。

以上が、バイナリーオプション取引を始めるにあたり、
初心者が国内バイナリーオプション取引業者を選んだ方が良い3つの理由です。
やはり、初心者の方には、安全性や信頼性というものを重視して結論を出していただきたいです。
もちろん、海外バイナリーオプション取引業者には、先に述べたような欠点もありますが、
それを上回る利点もあります。ですが、海外バイナリーオプション取引業者を選ぶのは、
まずは国内バイナリーオプション取引業者を利用して、バイナリーオプション取引とは、
トレードとはどういったものか、ということを学んでからでも遅くはありません。
いずれにせよ、国内・海外問わずほとんどの業者では口座開設は無料です。
それらを総合して考えると、初心者の方には、まずは国内バイナリーオプション取引業者を
選んでいただきたい、というのが本ブログの結論です。