バイナリーオプションの権利放棄について

バイナリーオプションの権利放棄について解説します。
バイナリーオプションの権利放棄は、使い方によっては勝率や利益率を向上させることができますので、
権利放棄が可能な業者でトレードする場合は、有効に活用したいですね。
バイナリーオプションとは、取引期間経過後にレートがどうなっているかを二者択一方式で予想する取引で、
判定時刻に予測通りであればペイアウトを受け取ることができる「権利」を買う取引のことですが、
バイナリーオプションでの権利放棄とは、その「権利」を放棄することを意味します。
つまり取引期間の終了を待たずに途中でその「権利」を業者に売却することです。売却する際に、
何%のペイアウトが支払われるかは、当時のレートの位置や、取引期間の長さによって随時変動するため、
何%と決まっているわけではありません。ただ一般に、レートが目標レートに近いほど、権利放棄時のペイアウトは高くなり、
逆に、レートが遠のいていると、マイナスのペイアウトになることもあります。
この、マイナスになる場合、つまり、損失を意味するのですが、それでも権利放棄をした方が良い場合があります。

バイナリーオプションの権利放棄について

それは、オプション(チケット)購入時に判断した状況を覆すような市場の動きが出た場合です。
トレードにおいてポジションを保有する際はテクニカル分析なり、
ファンダメンタルズ分析なりによって判断したシグナルやサインに従うことになりますが、
なんらかの要因により、このシグナルやサインを否定するレートの動きをする場合がままあります。
このようなとき、権利放棄が認められていない業者では、
保有しているオプション(チケット)が損失になることを黙ってみていることしかできませんが、
権利放棄可能な業者であれば、機動的にポジションを外したり、再度逆方向にエントリーしたりできるようになります。

国内バイナリーオプションの権利放棄を上手く使おう

「戦略的撤退」が可能になるのです。トレードをしているときに、
レートが自分の予想通りに動いていれば良いのですが、予想とは反対にレートが動いてしまえば、
オプション購入額を全額失うことになります。しかし、権利放棄機能を利用すれば損失額を抑えたり、
含み益が乗った状態であれば、オプション購入時に提示されたペイアウト倍率について権利放棄して利益確定することも可能になるのです。
もちろん、メリットばかりではなく、権利放棄せずにそのまま終了までオプションを保有していたら、
ペイアウトを受け取ることができた、というような場合も起こりえます。

つまり、自分の当初の予測が正しく、逆行現象がただの市場のノイズだった場合です。
この機会損失がデメリットと言えるでしょう。しかし、これは判断する時点では絶対に予見できないことです。
トレードで大事なことは、ポジションを保持する根拠を持つことですから、
その根拠が否定された場合には躊躇無く権利放棄をすることで、勝率や利益率を改善することも可能になるのです。
このように、バイナリーオプション取引における権利放棄は、選択できる戦略が増えることがつながりますので、
業者を選ぶ際には権利放棄が可能であるかどうかも確認された方が良いかも知れません。