バイナリーオプションの権利行使価格とは

「バイナリーオプション 権利行使価格とは」 さて、様々な業者を紹介してきましたが、ここで一旦原点に戻り、
そもそもバイナリーオプションやオプション取引、
そして権利行使価格とはどういうものであるかについて考えていきたいと思います。
オプション取引の起源を知るには、古代ギリシャの時代までさかのぼることとなります。
哲学を始めとして、自然科学の研究が盛んであったギリシャで、哲学者ターレスという人が、
ある年に研究の成果を用いて翌年のオリーブの収穫を予想したところ、豊作となることを予測しました。
その時に、オリーブを生産する機器の持ち主から、機器を借り受ける権利を安く買ったのです。
当時から「権利」意識があったのは、さすが西欧ですね。

バイナリーオプションの権利行使価格とは

翌年、予測どおりオリーブは豊作となり、
ターレスは借り入れた値段より高い値段で別の人に機器を貸し出すことで大きな利益を上げた、
という逸話があり、この時に権利行使価格とは、いう考え方が生まれ、
オプション取引の起源になったと言われているのです。
オプション取引の定義は、特定の商品(原資産)について、
あらかじめ定められた期日(満期日)または期間内に、
あらかじめ定められた価格(権利行使価格もしくは単に行使価格)で売買する
「権利=オプション」を取引することです。
買う権利のことをコール・オプション、売る権利をプット・オプションといい、
これらの権利の価値をプレミアムといい、
権利の買い手は、売り手にプレミアムを支払い、権利の売り手からプレミアムを受け取るのです。
以上が専門的用語ですが、バイナリーオプション取引、
特にハイローに置き換えるとわかりやすくなります。

国内バイナリーオプションの権利行使の考え

先述のコールオプションは「ハイ」、プットオプションは「ロー」、
チケット及びペイアウトがプレミアムにあたります。
つまり、バイナリーオプションにおける権利行使価格とは、目標レートもしくはレンジなどの、
「達成すればペイアウトを受けられるレートもしくは値幅」ということになります。
いかがだったでしょうか?専門用語が出てきましたが、バイナリーオプションや
オプション取引というものの考え方は古くからあり、
由緒あるトレードのひとつの形態であるとご理解いただけたのではないでしょうか。