バイナリーオプションでの日本国内の信託保全義務

バイナリーオプション取引に限らず、投資を行う際には、資金の安全な管理は非常に重要要素です。
今回は、バイナリーオプション取引業者を選ぶ際に
、資金管理の安全性の指標となる、信託保全について解説していきます。
信託保全という制度は、金融取引におけるリスクを最低限に抑えるための仕組みです。
信託保全制度を採用しているバイナリーオプション業者に預け入れたトレード資金は、
この制度により保護されていて、分別管理という管理方法で、
資金を信託銀行などの金融機関に預けています。
もし、万が一該当するバイナリーオプション取引業者が破綻・破産した場合でも、
顧客が預け入れている資金は守られます。
そして、資金の流用等が行われていないか等について、
外部の公認会計士が担当する信託管理人から、信託状況が常に監視されています。

バイナリーオプションでの日本国内の信託保全義務

さて、このように資金の安全性と業者の信頼性を高める信託保全制度ですが、
国内バイナリーオプション取引業者と、海外バイナリーオプション取引業者を利用する場合で、
その制度で保護される程度が大きく異なってきます。
絶対的に安心なのは、やはり国内バイナリーオプション取引業者です。
国内バイナリーオプション取引業者は、金融庁の監督下にあり、認可を受けて営業を行っています。
そして、信託保全はバイナリーオプション取引サービスを提供するためには義務化されているのです。
つまり、国内で金融庁の認可を受けたバイナリーオプション取引業者で取引をする限り、
業者の破綻による影響から完全に資金は守られているといって良いでしょう。
翻って海外バイナリーオプション取引業者は、そもそも日本の金融庁の監督下になく、
信託保全制度を適用している業者も稀です。

国内バイナリーオプションでの信託保全でのメリット

信託保全制度をうたっていたとしても、日本の制度と細部が異なっていたりしますし、
不測の事態の際には日本の法令が適用されないため、うやむやにされてしまう可能性もあります。
しかしながら、だからといって、海外バイナリーオプション取引業者での取引は
絶対に避けた方が良いかといえば、そうでもありません。
もちろん、資金面でのリスクはありますが、それも各業者によって大きく状況が異なります。
日本の金融庁からの認可は無くとも、EUや英国、
オーストラリアの証券取引委員会等のライセンスを取得し、
各国の法律に基づき信託保全や、資金の分別管理を行っている業者も存在します。
以上が、バイナリーオプション取引にまつわる信託保全制度の状況ですが、国内業者はほぼ安全、
海外業者は個別にしっかりと確認をした上で業者の選定をするのが良いと思われます。